宅配弁当店を開業してみよう




事業所向け弁当店を開業してみよう


簡単な採算を見てみよう


  宅配給食弁当業の開業に当たって、先ずは目標として500食を目指してください。
500食とは一見難しそうに見えるのですが、意外と真剣に行えば何とかなる数字ではないでしょうか。
バリバリの営業員は月に200食以上を営業で取ってくる人もいます。
そうでない人でも真剣に営業をすれば50食は何とかなるのではないでしょうか。もしかして、従業員30名の会社から注文が入れば、30食になるわけですので、運も手伝いますと意外に短期間でとれますよ。
併せて、真剣に事業として考え業務行う場合、開業となるとそのパワーは計り知れず、意外と短期間で取ってしまうものです。
実際、まったくの営業経験が無い人でも月に30食はコンスタントに取ってしまうのですから驚きです。
営業の仕方は別の機会に譲るとして、全般的に頑張れば、月で200万円弱の粗利を稼げるということが理解できればここではOKです(後述参照)。

獲得食数: 500食
月間食数予想:11,000食
販売単価 350円
営業日数 22日
月間予想売上 3,850,000円
原価率 45%
予想粗利益 2,117,500円

どうでしょう。
結構な利益率では無いでしょうか。
実際、みなさん結構儲けています。
先ずは、500食を目指しましょう。



税理士試験・財務諸表論暗記学習

給食弁当店向け販売管理システム