正当なCSSです!

給料(月給)の手取りが計算できます。


給与(月給)の手取り額が計算できます。社会保険や雇用保険、扶養や所得税の計算まで可能です。
更に、残業時間も含めた月給の手取り額が計算できます。
※平成26年9月より厚生年金保険料が改正されました。

以下の項目を入力して、「計算実行」ボタンをクリックします。


支給額
残業計算 残業時間 
勤務日数 
勤務時間 
交通費
年齢
扶養数
社会保険

雇用保険  



 




組み立てパズルで遊ぼう!)^o^(

給与(月給)の計算を行ないます。

給与 手取り額がいくらになるかが簡単に見ることが出来ます。

1. 支給額を入力します。
2. 残業時間を入力します。(一月に行う残業時間の合計です)
3. 勤務日数を入力します。(一月の勤務日数です)
3. 勤務時間を入力します。(一日の勤務時間を入力します)
4. 交通費等があれば、非課税額分を入力します。(課税交通費は給与総額に含めてください)
5. 生年月日を選択します。介護保険の算定を行なう上で必要です。
6. 扶養者がある場合は、当該人数をプルダウンメニューから選択します。
7. 社会保険に加入しているか否かを選択します。
8. 社会保険に加入している場合は、当該都道府県を選択します。
9. 雇用保険に加入しているか否かを選択します。
10.雇用保険に加入している場合は、事業区分を選択します。
11.計算実行ボタンをクリックします。

※源泉所得税は、電子計算機による特例(財務省告示、平成23年4月以降分)での税額となります。 一般的な「給与所得の源泉徴収税額表」とは異なりますのでご注意ください。

※ご注意:本サイトは給与計算の手取り額がいくらになるかをシュミレーションするものです。
これを利用して毎月の給与額の算定は出来ませんのでご注意ください。 理由は社会保険料にあります。社会保険は所轄事務所より徴収等級の連絡があります。それに基づいて計算しなければなりませんが、ここではあくまで当該給与に対する社会保険を入れた場合の手取り額を算出するためのものですので、毎月の給与のように支給額が変動する計算には利用できませんのでご了承ください。

詳しい理由については、担当の税理士さんもしくは社会保険労務士さんにお尋ねください。









Copyright (C) 2010-2014 All right reserved by
ヒューマンバリュー