宅配弁当店を開業してみよう


事業所向け弁当店を開業してみよう


生産管理を考える

-- 業者任せからの脱出 ---  

 生産管理とは、生産を構成する要素がくまなく指示通り(予定通り)に実行されているかを管理するものです。

生産とはモノを作ることなので、どれだけの投入資源でどれだけの生産量が得られるかがポイントとなります。
弁当店は、自動化で弁当を作るものと違いますので、どちらかというと労働集約型の生産になります。
 労働集約型における生産を構成する要素として

(1)業務処理方法に関する面
(2)業務遂行に関する面
(3)業務の計画・管理に関する面

の3つが上げられます。
業務処理方法では、作業方法による生産性の向上を検討するものです。
仕事や作業のやり方を改善しベストプラクティスを構築します。
業務遂行面では、予め決められた業務処理の方法がキチンとまもられているかの実施結果を測定する内容です。
弁当店では、食品という人の口に入るものを生産している関係上、衛生面も含め指示通りの作業を励行することが非常に重要です。
業務の計画・管理面では、事前に想定しなければ、それが正しいかどうかの判断が出来ません。
想定とはこうなって欲しいというイメージが計画という形で表されます。
その計画が業務処理方法に従って進められているかを管理するという体系も重要となります。



税理士試験・財務諸表論暗記学習

給食弁当店向け販売管理システム