平成23年9月15日(木)
トピック







タニタ健康相談サービス

金スマで脚本家の鈴木おさむさんと奥様である森三中の大島美幸さんが、ダイエットのために「タニタ生活」なるものに挑戦し、二人揃って体重が落ち、健康体になるという番組を見た方も多いのではいないだろうか。年を重ねると仲間が集まっても健康の話ばかりということも・・。
番組の内容は驚きや関心が多かったが、
このタニタが新しいサービス 「アニマート」を始めるそうだ。
内容は、WEBにつながるタニタの専用機器を使い、一人一人の健康データを蓄積し、測定データを元にコンシェルジュなる担当者が分析、アドバイスをしてくれるというサービスだ。
ワコールも、自社下着を付けることで痩せやすくなる体質を作るというキャッチフレーズでその支援としてスタスタ部なるサポートサービスを開始したが、このように、インタラクティブなサービスが今後は増えてくるのかもしれない。
ワコールは購入者という内容だが、タニタでは、更にレベルアップした内容で、個々人をサポートしてくれるようだ。

タニタのホームページには
『お客様一人ひとりの健康状態や目標に合わせた個別プランを作成し、健康で充実した生活をお送り頂けるよう Wellness Healthの6つの観点から具体的な提案・ご紹介をいたします。
また担当のコンシェルジュが人間ドッグ・健康診断・薬歴など、健康情報の一元管理を行い、 日々の体調を健康管理WEBサイト「からだカルテ」を通じて見守るため、小さな体の変化も見逃しません。
毎月手書きのウェルネスレポートをお送りし、電話でのご相談も承ります。』とある。
ホームページはこちら http://www.karadakarute.jp/animato/

ホームドクターではないが、毎日を見てくれるコンシェルジュがいる生活、これがこれからの健康スタイルになるのかもしれない。
予防医学もしかり、電子機器が発達した現代では、早期発見というキーワードが欠かせない。その根幹は日々のちょっとした変化にあるのではないだろうか。
そのためのコストとして月額6,000円は、決して高いものでは無いと思っている。