人を動かす原則を理解する

優秀なコミュニケーターは原則を理解している。
人を動かすとは目標達成が前提にあることを忘れてはならない。




人を動かす原則を理解する


人を動かすとは一朝一夕には出来ないものです。モティベーションといわれる手法にも様々な方法がありますが、コミュニケーションという視点からその方法を活用し上手に動かす人がいます。
気遣いや心遣いなどといわれたりもしますが、基本的には「共感」のテクニックであるとも言われます。 生まれつき?そのような条件付けで素質を持っている人もおりますが、できる人は後天的にその素養を身につけた方が多いようです。 以下を参考に動いてもらう達人を目指してください。




■人を動かす原則 ●泥棒にもにも3分の理があるように、行動の裏には何かがあることを理解する。
●相手に対して存在価値を認め、重要感を持たせるようにする。
●相手の立場で物事を先ず考えてみるく
 
■人に好かれる法 ●誠実な態度と関心をよせる行動
●笑顔を武器にすることを忘れない
●名前やニックネームなど識別できるもとを知覚する
●聞き上手に徹するのが第一原則
●話しての興味や本質(関心事)を見抜く
●褒めることに値した場合は心からほめる
 
■人を説得する法 ●激しい議論はさける
●相手の弱みや誤りを指摘しない
●自身の誤りや過ちは素直に認める
●出来るだけおだやかに話す
●イエスと答えられる質問を投げかける
●相手に多くを話させる
●サジェッションを与える言葉を投げかけ、思いつかせる工夫を常にする
●相手の身を常に考える
●共感する気持ちを真摯に持つ
●深層心理に呼びかける
●競争意識をソフトに刺激する
 
■人を矯正する法 ●良い点を述べ、矯正点を直すとさらによくなる旨を伝える。
●人を見て注意の仕方を工夫する
●自分の間違いや失敗談を話す
●命令では無く、協力の依頼で導く
●相手を立てる(こき下ろさない)
●わずかなことでも労をねぎらう
●期待をかけ、ちょっと先の目標を与える
●励ます
●参画意識を高める