ヒューマンバリュートップへ

HumanValueTop | 独立起業塾 | ブログ | 自己拡大 | スキル | 成功の秘訣 | 杖言葉 | TOOL

第三章 経営数値計画を作成してみる

第五節 収入支払のサイトを明確にする

 収入と支払のサイトが異なることで資金収支に大きな影響があることは既に述べました。
それを明確に押さえるためには、それぞれのサイトを明確にしなければなりません。

例えば、売上であれば平均で何日で締めて、何日後に現金化されるか、支払も同様です。本来の理想はお客様毎にできる方が好ましいのですが、それでは大変な労力がかかってしまいますので、大まかに捉えるわけです。 大まかに捉えるだけでも、大分資金の流れが見えてくるものです。 ポイントは売上毎、経費毎です。

エクセルのようなソフトで作成すれば簡単に管理ができます。

項目名 現金割合 掛け割合 翌月 翌々月 3カ月
売上 20% 80% 60% 20% 20%
人件費 100%        
広告宣伝費 10% 90% 80% 20% 0%
その他経費 40% 60% 100%    

上記のように設定をし、当該項目を乗算することで、予定の資金繰りを立てることが可能となります。
このようにして、サイトを明確にする事で予定ができるわけですが、予定があれば、それに対応した実績があるわけですので、マネジメントサイクルで云う「PDCA]がはかれることとなります。
つまり、予定に対して実績はどのように推移しているか等などです。

このような基本の元となる資料として収入と支払のサイトを明確にしておきましょう。

更に掘り下げる場合には、売上は顧客事に行うのがベターと考えます。今日では、購入していただくお客様に自社サイトでの回収をお願いするのは難しい状況もあります。
ここは、顧客志向というスタンスから、それぞれの約定を取り入れる必要があろうかとも思います。
支払いサイトでも同様です。反対の立場からは支払いサイトは一律でも可能ですが、もし、大きく異なる支払いがある場合などは、売上を参考にサイト設定を行う必要が求められます。

作り方としては、上記の項目名をお客様名又は支払い先名に変更することで可能かと思います。

当然ですが、売上予算を作成する際には、顧客事の予算となることを付しておきます。




     
第一章 キャッシュフローとはどういうものか
  第一節 キャッシュフローとはどういうものか
  第二節 会社会計の構造を知る
  第三節 税法とキャッシュフロー
  第四節 儲けの形が変化するキャッシュフロー
  第五節 収入と支払いから見るキャッシュフロー
第二章 キャッシュフロー経営の用語を理解する
  第一節 販売費及び一般管理費に中身を理解する
  第二節 売上関連に関する用語を理解する
  第三節 経常外支出について理解する
  第四節 営業外収益・費用について理解する
  第五節 リース料について理解する
  第六節 未払金について理解する
  第七節 短期借入金について理解する
  第八節 長期借入金について理解する
  第九節 手形借入金について理解する
第三章 経営数値計画を作成してみる
  第一節 なぜ、経営数値計画が必要か
  第二節 固定費の現状を探る
  第三節 売上と原価を見積もる
  第四節 債務一覧表を作成する
  第五節 収入・支払いのサイトを明確にする
     





キャッシュフローコンサルティング

◆リンク集◆