給料手取り計算シュミレーションの使い方。


給与計算シュミレーションソフトの使い方を説明してます。
支給額の入力から手順をおって説明しております。

HumanValueTop

HumanValueTop | 杖言葉コーナー | 独立起業塾 | 資格取得支援

HumanValueTool


 



 

給与計算のシュミレーションを行ないます。

手取り額がいくらになるかが簡単に見ることが出来ます。



Step1:入力の前に・・・。

入力を行う前に辞書が入っていないことを確認してください。

× 辞書ON
辞書OFF

※辞書がONの場合は、「半角/全角」キー等を押して、辞書を外してから入力をしてください。

Step2:支給額を入力します。

支給額の入力
支給額は、手当を含めた(非課税交通費を除いた額)総額を入力してください。



Step3:残業時間と勤務日数を入力します。

残業時間
残業時間は一月で予想される時間を入力します。勤務日数は、残業時間計算の基礎となる日数を
入力してください。勤務時間1日当たり勤務時間を入力してください。
残業時間及び勤務時間の小数点以下は10進数で入力します。
EX:1時間30分→1.5
残業時間の求め方は、勤務日数×勤務時間を分母として、支給額を除し、残業時間並びに1.25を乗じて算出してます。



Step4:交通費等があれば、非課税額分を入力します。

交通費入力
(課税交通費は給与総額に含めてください)



Step5:生年月日を選択します。


生年月日
介護保険の算定を行なう上で必要です。



Step6:扶養者がある場合は、当該人数を選択します。

扶養人数

Step7:社会保険に加入しているか否かを選択します。

社会保険判断



Step8:社会保険に加入の場合は、当該都道府県を選択します。

社会保険算定



Step9:雇用保険に加入しているか否かを選択します。

雇用保険判断



Step10:雇用保険に加入している場合は、事業区分を選択します。

雇用保険業種区分



Step11:計算実行ボタンをクリックします。

計算実行



Step12:実行結果が表示されます。

給与手取り計算結果



Step13:閉じるボタンで終了します。

再度行う場合は、クリアボタンで初期化し、Step1からの手順を繰り返してください。
計算実行


実際の給与手取り額の計算はこちらからどうぞ。

 
財務諸表論理論暗記講座





おすすめリンク





コミュニケーション力を向上させる