成功者になるには秘訣があった。「成功への秘訣」

成功への準備


成功者になるには先ず成功者になるという強い決心をする必要がある
ヒューマンバリューTOP


タイトル

税理士試験財務諸表論理論暗記メールマガジン


 
 

成功への準備


 成功の秘訣は、なんとなく分かる。知識としてもありふれている。
しかし、実際は成功する人がいる半面、そうでない人がいるのも事実である。
一体、どこが分かれ道なのだろうか。決心が必要だとは述べたがその為に何か準備のようなものはあるのだろうか。
人生には「準備の人生」と「本番の人生」がある。

子供や学生の頃はひたすら「本番の人生」に向けて「準備の人生」を過ごしている。
この準備を怠ると本番でも苦労する。これは、全てに云える。

成功という視点から準備を見た場合、先ず、「どうすれば成功できるか」ではなく「どうすれば失敗しないか」を考えてみることにある。
成功という説明は難しいが、失敗は意外と説明がしやすい。つまり、思った通りにならない結果であるので。

失敗をする人と成功をする人の差は、実は日常生活のパターンの差にある。生活パターンが好ましければ成功し、好ましく無い場合は失敗に終わるのである。
即ち、成功をするための最初のステップは正しい生活パターンを身に付けることにあるのだ。この正しい生活パターンを身に付けるとい強い決心が必要なのは言うまでもない。

次に求められるのが「知的能力を高める」ことだ。これまでも、運よく事業を大きくした人たちは数多くいる。その態度は強欲でお世辞にも知的水準があるとは言えなかった。結果は存続を余儀なくされ、ひと夏の夢と化してしまうのである。

「知的能力を高める」には三つの段階がある。

一番目は、注意力を発揮することである。
全ての事に気を配り、知識を得ようと心掛けることである。目的をもつと今まではすり抜けていた情報が心のネットに掛かってくるのである。今日のあなたは過去のあなたの所産であり、未来のあなたはこれからの考え方と行動の所産なのである。という考えて物事に対して注意力を発揮する必要がある。

二番目は、一番目で得た内容を日常生活に適用していくことである。耳学問だけでは身に付きません。実践に移してこそ成果として現れるものです。そして、その結果をみて改善していくことです。

三番目は、それらが習慣化するまで「何度も繰り返す」ということである。たとえ、単調な事でも繰り返し繰り返し行うことで身に着くことを理解しなければなりません。難しい国家試験などでは、問題を見た瞬間答えが分からないようでは合格できないとも聞きます。身に着くまで何度も何度も繰り返すことが重要だ。
新しい生活パターンを作るにはこれくらいの努力が必要なのだ。

「男子三日会わざれば刮目して見よ※」

の言葉にある通り、心構えを変えて、行動に移すことにより、徐々に変化が起こってくるのである。

※日々自身の成長の為に努力している人は、三日もたつと見違えるほどに成長しているという意味である。


税理士試験 財務諸表論 暗記学習