成功者になるには秘訣があった。「成功への秘訣」

成功者の条件


成功者になるには先ず成功者になるという強い決心をする必要がある
ヒューマンバリューTOP


タイトル

税理士試験・財務諸表論暗記学習
 

 
 

成功者の条件


成功への秘訣とは、人生においてそれなりの成果を上げてきた人たちが 伝承してきた方法でもある。
その方法は、何も気づかずに大きな成果を上げてきた人たちの行動パターンに似ている。

成功者達は云う
成功者になりたいと思ったら、なりたいという「強い決心」が必要だと。 決心とは心に誓うことである。
なれたらいいな等といった軽い気持ちや願望のような
希望的観測では無いのだ。
何としてもなりたいという「決心」しかも強い決心なのである。
以外に簡単と思いがちだがこれが難しい。
普段の生活の局面において、この決心を揺らがされる事象が
数多く起こるからだ。
多くの平凡に終わる人は、この決心をいとも簡単に変更してしまうからだ。
あなたは、どうだろうか。
この決心を強固なものにする必要がある。強固なモノにするためには 様々な方法があるが、それは後章で述べることにするが。
この「強い決心」が成功者になる為の第一の秘訣である。ということをここでは述べておく。

第二の秘訣は、「計画を立てる」ことだ。
計画は無理なモノであってはいけない。
現在の自身ができそうなものであることが必要だ。
その計画は楽しみながら実行できるもので無ければいけない。
実際、計画を実行に移す事は、いや移し続ける事はかなり難しい。
途中で挫折することもある。しかし、前節の「強い決心」があれば
継続を手助けしてくれるのだ。
着実に計画に従っていれば、毎日毎日少しずつ前進していることは確かである。
計画を立てるとは・・・。目標ではないのかと考えた人は真意をとらえているかもしれない。
いわゆる、目指すべき方向を定めることで、それに向かうべき計画が立てられるからだ。
よく、到達しやすい目標をというが、それは、なかなか難しい。
でも、そこの曲がり角までとりあえず歩こうという計画は立てやすい。
旅行の計画を思い出してほしい。
旅行の本当の目的は何だろうか。山の征服?行ったという証し・・・。
何でもいい、でも、そのプロセスの計画を立ててほしい。
目標がおぼろげでも、或いは変わってもいい。
とにかく、道程の計画を立ててほしい。
そうすることで充実した人生を歩むことができるのである。
これがあって、初めて目標設定の意義が見えてるく。
先に、大所高所に立つ前に、先ずは明日の計画を立ててみる、
これも是である。

第三の秘訣は「働くこと」である。
歴史的にみても、働かないで成功した人はいない。
また、働かないで富を得た人を成功者とは云わない。
働くとは「傍を楽にすること」とも云われる。
働くとは、一見、自分の為であるようだが、
それは誰かの役に立っていなければいけないのだ。
その行為は、一生懸命の全力投球で無ければいけない。
なんでも中途半端に行う人や打算で物事にあたるひとは、
それなりの成果しか出ない。
成功者になりたいと思ったらどのような事でも人の為になるという視点で
一生懸命に働くことである。

第四の秘訣は、
人を引き付ける「人間的魅力」を身に付けることだ。
好ましいパーソナリティをもった人は云わば磁石のように人を引き付け 多くの人が集まる。
馬一頭の力は一馬力といわれる。
この言葉を借りれば、人がどれだけの力を有していたとしても一馬力である。
人間的魅力を有している人には、それを補完する人が集まる。
此処である。成功者とは、その本人が優れているのは確かだが、もっとすぐれているのは、大衆を一つの方向に向かわせる能力である。
この人間的魅力を持つという事は成功者として、欠かせない能力なのである。 人にはそれぞれ個性というものがある。その個性を上手に表に出すことで 人はそれに引き付けられるのである。
個性は作れるものでもある。俳優がその役になりきるように、
人生のキャストとして、人間的魅力をもった人を演じていると
いつの間にかそれが自分になってしまうものである。

これまでの自分が現在である。
これを改めようと思った時から成功が始まる
と云っても過言ではない。
その為にいくばくかの努力も必要とするのだ。