HumanValueTop
シュミレーションツールサイト

シュミレーション
ツールサイト

PR


その他の過去問



勤務シフト表を作成する上において、必要人員を何名かというのがいつも問題になる。
そこで、どれだけの人員が必要なのかを計算するためのサイトを作成してみた。
各人が持つ条件(早番は出来ない)とかは、見ないで単純に計算してある。
一度試してみてはいかがだろうか。

勤務区分 一日当り必要人員数
夜勤  ※半角数値で入力
早番  ※半角数値で入力
遅番  ※半角数値で入力
日勤  ※半角数値で入力
その他勤務  ※半角数値で入力
休日  ※半角数値で入力


 



計算手順


1.夜勤の1日当たりの必要人員を入力します。
 夜勤の勤務は、夜勤、明番、公休というパターンで勤務することを想定しております。それ以外の場合は、検証をしておりません。

2.早番の1日当たりの必要人員を入力します。

3.遅番の1日当たりの必要人員を入力します。

4.日勤の1日当たりの必要人員を入力します。

5.一人あたりの一カ月の休日を入力します。
 一般的には9日くらいでしょうか。

以上を入力しましたら、計算ボタンをクリックします。
当該勤務を回すためには、何人必要かが計算されます。
日数は、30日換算で行っております。

※計算は、各人が持つ条件などは勘案しておりませんので、ご理解ください。
 あくまで、どれくらいの人員が好ましいかを算出する目安としてください。
 勤務シフト作成ソフト、ワークナビも併せてご検討ください。
 アルバイトの場合は、タイムシフトが便利です。






勤務シフト作成 ワークナビ








その他の過去問