個人で事業を始めてみよう


事業計画を立てる



儲けの具合を見る

事業計画とは儲けの具合を見るためのものです。事業には、入りもあれば出もあります。それを事前に確認しようというものです。
金融機関などから融資を受ける場合は必須となります。
簡単な作り方は「弁当店を開業する」のサイトで事業計画の簡単な考え方を述べておりますので、そちらを参考にしてください。


計画だおれにならないように心掛ける

計画は立てたが、うまくゆかない。「そんな計画通りにいくものか」と話す人がいますが、その人は自身の計画立案能力が欠如していることに気が付いていない人です。
外資系の企業では、計画以下の業績はもちろんですが、計画以上の業績でも評価がされないという事を聞きます。
つまり、計画立案能力とそれに対する実践力が事業を行う上で非常に重要な要素となります。
特に、資金繰りなどは、明確であればあるほど、いろいろな援助も頂けるというものです。




財務諸表論理論暗記講座