平成26年度受験対策用


税理士試験の財務諸表論の理論を学習する

財務諸表論理論暗記講座受講中の男性

税理士試験の財務諸表論

の理論暗記を スマートフォンを活用して行う!!

ポイントは、繰り返し、繰り返し理論にふれる。
昔は「暗記は手で覚える」と言われるように、何度も何度も紙に書いて覚えておりました。

IT時代の今は、何度も何度も打ち込んで、やはり、手で覚えるのが一番ではないでしょうか!

財表理論講座受講中の女性



記憶力アップ術を駆使する。
税理士試験における財務諸表論の理論学習は、記憶力がカギになります。記憶術には、連想記憶法や、これを利用した鈴なり記憶法、数字変換法など、皆さんも財務諸表論の理論暗記に当たり、色々とご苦労されているのではないでしょうか。

税理士試験の財務諸表論の理論暗記には全体の構成を理解しながら、地道な学習が大切では無いでしょうか。

その為に、基本となる文節を要素ごとに分割し、関連性をつけて覚えていくと云うものが、よいのではないでしょうか。
それにしても、記憶とは忘れて思い出し、また、忘れて思い出す、これが、長期記憶の礎になるのではないでしょうか。


記憶を呼び起こす

覚えて思い出す
記憶には、『手続き的記憶』と『陳述的記憶』の2種類があり、さらに、前者は、「熟練技能」「認知的技能」「条件反射」の3つに分けられ、後者は、「エピソード記憶」と「意味記憶」に分けられるそうだ。前者は車の運転などにみられるような運動を中心となり、習慣として、会得する区切りの記憶で主に過去に向かって、その場面を思い出したりすることができるが、後者は、そのような経験とは切り離された一片の情報であり、イメージを伴わない場合が多い。
これらの情報を引き出しから出すには、その過去(覚えた過去)を思い出し、それを繰り返すことで運動等に見られる知識に高めることが重要となる。



丸暗記は意味記憶が近道

記憶を効率よくする近道は、思い出す機会を頻繁にすることです。





穴埋め問題をひたすら打ち込む・・・。
これがポイントです。つまり、繰り返し、繰り返しです。
電卓の早さは合否に影響しないと言われますが、電卓のスピードも、たたけばたたくほど早くなります。
理論も原理は同じです。何度も書く(打ち込む)と思い出すのが早くなります。
それにより、連想能力も高まります。
記憶を効率よく高める近道は正にこの方法なのです。
思い出すスピードが速くなるということは電卓が速くなるよりは、合否に影響すると思います。


正解は3問

財務諸表論理論学習暗記講座の操作は簡単です。
穴埋め部分に答えと思われる文言を入力し、「Check」ボタンをクリックするだけです。
答えが間違っていれば、正解数が表示されます。


間違い箇所

間違った箇所は、赤色表示となり、知覚が容易になります。
「Hint]ボタンをクリックし、条文を参考にするか、自力で思い出すか、或いは他の財務諸表論関連書物からみつけてみるか、選択は自由です。


ヒント

最初は答えを導き出しにくいものです。
また、外(会社やそれ以外の場所)では、参考書籍を持ち歩くのも大変です。その場合は、「Hint]を活用しましょう。
最初は、ヒントを頻繁に見るでしょう。しかし、回を重ねるたびにヒントを見る回数が減ってくるはずです。
それは、知識が定着した証拠です。もしかすると財務諸表論の理論暗記は、ここが、初めてスタート地点かもしれません。
つまり、基礎力があれば、応用は自由自在に成るからです。基礎力を磨かずして、関連理論を学習したところで、それは苦しいばかりで不安の中での作業といえます。ちょうど、コンピュータを操作していて動いているからまあいいかと同じでちょっとした変化には全くついていけない状態となります。
基礎力を完全におさえることであなたの実力を高めてください。


税理士

全問正解で次のステップに向かいます。
学習はどこからでも、どの項目でも学習することが可能です。
財務諸表論の理論学習に必要ではないかというポイントをチョイスし、すべて分割してありますので、積み上げではなくパラシュート型で落ちたころをだけを学習することが可能です。
ここは完全に抑えたいと思うところは毎日見てください。各セクションは数分で可能です。
一日一題と云わず、気の趣くままに行っていただければよいのです。

利用環境は、電車の中や、待ち合わせの途中等々、様々なシチュエーションで活用できます。
スマートフォンがあれば、その場所が学習環境となります。


利用料は、税別6,000円
支払額は、6,480円(税込)となります。

必須環境 インターネットに接続しての学習となります。スマートフォンでの学習を想定しております。
お申込にあたっては、事前にデモでご確認ください。
その他 通常のインターネット環境では、ブラウザがグーグルクロームのみでご利用いただけます。それ以外のブラウザでは、ご利用頂けません。


デモ環境を試してみる

お申し込みはこちら




志向性は記憶力を100倍高める

人間は興味のあることや、好きな事はあまり苦労することなく簡単に覚えることができる。
英語塾の先生に興味深いことを教えて頂いたことがあった。生徒の一人があまりに単語を覚えていないので「おまえはあまり単語覚えてないな」と話したところ、「じゃ先生はこの単語を知っているか」といわれ、記述した単語がランボルギーニカウンタックだったそうだ。確認したところ一文字も間違いが無かったそうだ。「おまえこんなに難しい単語が分かるのだから短い単語も覚えろよ」と話したそうです。
志向性(興味が向く)は、やる気や行動力を引き出し、信じられない力を導き出します。
記憶力の源泉

財表理論暗記に文明の利器、コンピュータを使う
文明の利器コンピュータ

コンピュータは様々な場所に存在するツール(道具)です。
財務諸表論の理論学習を行うにあたって、学校に行くのもいいでしょう。
また、これと同じようにインターネットで学習するのもいいでしょう。
しかし、充分に理解していない(記憶していない)理論を一方的に伝えられるだけでは、脳はオーバーヒートを起こしてしまいます。
また、時間の拘束もあるでしょう。授業に出向く時間、WEB受講は大体一回の区切りが1時間程度、そうするとその時間が確保できなければ挫折の一歩を踏み出すことになるのです。
そこで、短い時間でも出来る仕組み、どこでもできる仕組み、コンピュータにあまり知識がなくてもワープロ程度の知識ができればよいという発想から、文明の利器であるコンピュータを活用して理論学習ができないかと考えた次第です。
何度も何度も答えを見ながら自分のペースで入力をしていくと、門前の小僧習わぬ経を読むの例え通り、不思議と頭に入ってくるものです。あなたも是非この機会に財務諸表論理論暗記講座を通して学習してみてはいかがでしょうか。



ステップアップ男性 ステップアップの為の一歩を踏み出そう

欲望の強い人は能力も高い!
全方位型で学習を進める。一の手、二の手、三の手と、どこにいても税理士試験の財務諸表論合格へ向けた志向性を持つ、多くの人がそうであったように、最低一日一回は理論にふれる・・・その環境を作る。出張中であっても、会社の中にあっても、インターネットを活用し、いたるところが学習環境になる。

ステップアップ女性


財務諸表論の理論暗記をサポート



受講料:税込6,480円
受講期間は1年間

デモで試してみる





 次のような方にお勧めします。 
 通勤時間等が、往復で1時間以上ある方
 理論暗記の学習時間の確保が中々難しい方
 スマートフォンを活用して学習したいと思っている方
 体系的に財務諸表論の理論を見たい方
 空いた細かな時間を活用して学習したいと思っている方
 毎日必ず手軽に理論にふれたいと思っている方

小さな時間の積み重ねを試してみて下さい。
毎日約20分間の理論にふれあう時間の手助けをします。
百聞は一見にしかず、先ずは、デモ登録で実際の画面で実力を試してみよう!



お申し込みはこちら