先頭で走る機関車から、みんなで走るディーゼル機関車に乗り換える。

奉仕と投資いずれも富を増幅させる


他人の役に立つ、これが全ての富の原点。
ヒューマンバリューTOP


自然の法則
 
 
 
 

奉仕の心は富を増幅させる



  大物になろうと思うのであれば、他人の役に立つための効果的な方法をみつける必要があります。
自分を食わせていくぐらいは犬の子でもできるのではないでしょうか。
人間の価値はその人がどれだけ多くの人の夢の実現に貢献できるかということによって判断されるのです。
大物になるための鍵は、他人の役に立つということです。
すばらしい才能を身につけても、自分一人で活用しているような人は、達成できる量もごく限られています。
手は二本、頭も一つ、一日も24時間しかないのです。
しかし、あなたの才能を他人にも活用させると、どうなるでしょうか。
人間の仕事の価値は、その人がどれだけの仕事を他人にさせることができるかによって判断されるのです。
例えば、とてもその人ではできない位の収入を得る方法を10人の人達に教えてやったとします。
たとえ月に10万円の臨時収入でもよい。10万円の収入が入れば、恐らくその一人一人がお礼にといって1万円ずつもってくることになるでしょう。
他人にいろいろな方法を教えることに時間とエネルギーを投資しよう。
多くの人々に少しずつ仕事をさせるのです。
 この方法を拡げて行けば、10万円でも、100万円でも、貴方のところに喜んでもってくるようになるのです。
こうして自分でも想像もつかない程大きい収穫が得られるようになるのです。
才能、時間、知識というかたちで、他の人々に投資することができるようになれば、その人達が成功するのを助けてやれることになります。
こうして他人にも仕事をするチャンスを与えられれば、その人達も幸せになり、いつまでも貴方に感謝の気持ちをいだくものなのです。
他人にも仕事をさせなければ、貴方は自分の二本の手で自分の24時間でできる範囲のことしか達成できないのです。
このように、他人にも仕事をさせることによって始めて、大きい成功が収められるのであり、貧しい人が3ヶ月もかかることを、たった24時間でやってのけることができるのです。
他人に投資することを学び、又、「成功への秘訣」をわかち合うことをも学ばねばなりません。



≪前へ    次へ≫
財務諸表論理論暗記講座